子どもの笑顔のために・・・保育士さんのお仕事

保育士の仕事ですが、今は保育士はあこがれの仕事であるといわれています。
しかし、保育士の仕事はさまざまな辛い面があるといえるでしょう。
たとえば、保育士の仕事は、労働環境などがそれほどよくない場合があり、給与などもそれほど期待できない場合が多いです。
しかし、子供の保育と言う仕事は責任が重い仕事になりますので、ストレスがたまりやすく、また体力面でもハードとなっています。
このため、保育士の仕事の離職率は高まっています。
保育士の仕事に就くためには、資格を取る必要があります。
まずは、国家資格を取得するために、国家試験に合格する必要がありますが、年々難易度があがっているといわれています。
ですので、国家資格を取得するためには、勉強をして、そして受かる必要があるのです。
しかし、場合によっては国家資格がなくても、働くことができます。
この場合、「保育補助」として、アルバイトであったり、またパートで働くことができるのです。
しかし、アルバイト、パートで働く場合にも、責任は重くなりますので、なかなか大変な面があります。
働きながら、保育士の資格を取得するという方もいまは増えています。
女性の仕事の中でも、今注目されている仕事であるといえるでしょう。

続きを読む≫ 2016/03/27 14:02:27 en

保育士は保育園で働く事が多いです。そこで、保育園などの施設で働く時には、保護者の信頼を勝ち取る事が大事になってきます。保護者は保育園側を信じて、子供を預けている事が多いです。
保育園に預けておけば、専門の人がきちんと面倒を見てくれて、さらにさまざまな事を教えてくれるので助かるという感じに思っている保護者が多いです。ですので、その要望にしっかりと答えて、仕事をしていく事が必要になってきます。
きちんと子供の世話ができて、必要な事を教える事ができれば、自然と保護者との関係が良くなってきます。評判が良くなりますと、多くの保護者から人気がでてきますので、仕事がしやすくなってきます。
逆に保護者から信頼されないとなると、苦情を言われたり、何かあった時にかなり怒られたりします。ですので、仕事がしにくくなってきます。
最初から保護者からの信頼を勝ち取るのは難しいですけど、信頼されるように努力していきます。また、保護者と接触する機会もあります。そういう時に、積極的に会話をして、保護者と仲良くなっていくようにします。
仲良くなる事によって、保護者から良い評価を受けることになってきます。自分が担当している子供のすべての保護者と極力コミュニケーションをとっていきます。

続きを読む≫ 2016/03/06 16:09:06

全国各地に保育所がありますが、勤務する保育士の数は決して十分ではありません。地域によっては、保育士として働く人が十分にいますが、なかなか保育士が集まらないところもあるのです。子どもが安心して過ごすことができる場を作るために、保育士の数を増やしていくようにしなければなりません。そのためには、保育士にとって働きやすい環境を作ることが必要不可欠です。

 

保育士の労働条件、労働環境は、あまり良いものではないことが多いです。例えば保育士求人東京の場合ですと、労働条件や労働環境などはかなり向上されてきましたが、地方などではまだまだ良いとはいえません。そのため、保育士の資格を持っていても、保育士としての仕事に就いていないという人が少なくありません。まずは、労働環境を改善することから始めなければならないのです。しかし、賃金を上げたりすることは、簡単にできることではないため、各自治体では試行錯誤が続けられています。

 

保育士の資格を取得した人は、子どものために働きたいという気持ちを強く持っていた人が多いです。とはいえ、給与水準が低い状況では真剣に働いていくことが難しいというのが現実です。今後、どのように保育士を確保するかを考えることは、保育士が不足している自治体だけの問題ではありません。保育士を十分に確保することができている地域でも、考える必要があるのです。

続きを読む≫ 2016/02/21 15:24:21 pages

保育士として働いていて大変な事はいくつもありますが、中でも大変なのが二つあります。

 

一つは子供の質問に答える事です。
子供は自分が理解出来るまでしつこく同じ質問を繰り返してきます。
しかもその質問から派生した新たな質問、その新たな質問から・・・と無限に質問攻めに合う事になります。
保護者の方も経験する事ですが、保育氏の場合はなんとなくで誤魔化す事が出来ずちゃんと子供に理解出来るように答えなければいけないので大変です。

 

しかも、最近の子供はませているのか難しい質問が多いです。
政治的な事や宗教的な事を質問してきたりと簡単には答えられない質問が多く苦労します。
本当に大変です。

 

それからもう一つの大変な事は、ママさん達の派閥です。
これに巻き込まれる事が多くとても苦労します。
男の人達にはあまり無いのですが、女の人はかなりの確率で派閥を作ります。
複数派閥が出来る事になるのですが、その複数の派閥が何故か必ず対立します。
基本保育士はどの派閥にも加わらないようにするのですが・・・やはりいつの間にか巻き込まれて、気が付いたら私の悪い噂などが流される事が多いです。
同僚はみんな慣れていますのでそういった噂を気にしたりする事は無いのですが、それでもとても疲れます。

 

本当に大変です。

続きを読む≫ 2016/02/16 12:05:16 en

共働きの家庭が増えていて、子どもが安心して過ごせる場を作るようにしなければなりません。しかし、保育所で働く保育士が不足している状況では、子どもにとって安心できる環境はとうてい生まれないものです。保育士を増やす取り組みが必要不可欠となっています。ただ、保育士は給与などの条件があまり良くない職業というイメージがあり、保育士として働くことを避ける人が多いのが現実です。

 

また、日本では少子高齢化が進んでいるため、保育士の活躍する場が限られてしまうのではないかという不安も出てきています。労働条件が悪く、仕事が安定しないというのでは、なかなか保育士としての仕事に就こうとする人は増えないものです。そこで、子どもにとって安心できる場を作るために、保育士にとって安心できる場を作ることが必要とされています。

 

保育士を増やすための取り組みは、特定の自治体だけで行っても効果は薄いものです。国全体で取り組むようにしなければなりません。保育士の資格を持っていても、実務に就かない期間が長くなっていると、スキルが高まらないままになってしまいます。このような状況は、国にとって損失になるだけでなく、せっかく資格を持っている人にとってもデメリットになるため、改善が求められます。

続きを読む≫ 2016/02/15 16:01:15 pages

保育士として働いているのは女性が多いというイメージがありますが、実際にその通りで、男性の保育士はあまり多くありません。しかし、言うまでもなく保育所などに通っている子どもの中には女の子だけでなく、男の子もいるわけですから、男性の保育士も必要なのです。また、女の子であっても、女性の保育士だけでなく、男性の保育士とも接する日々を送ることで、大きく成長するチャンスにつながっていきます。

 

女性の保育士が圧倒的に多い状況では、男性の保育士が活躍する場面が限られてしまいます。そのため、どうしても保育士になろうとする男性の数も少なくなってしまうのです。男性の保育士を増やしていくために、性別を問わずに活躍することができる場を作っていくようにしなければなりません。いきなり状況をガラッと変えるのは困難なので、時間をかけてじっくりと変えていく必要があります。

 

男性の保育士が仕事をしていく上では、さまざまな困難が付きまとうことが多いです。たとえば、女の子の保護者が、男性の保育士には担当させないでほしいという願い出をしたりすることがあります。保護者の気持ちを尊重することも大切ですが、一部分だけを見るのは避けて、総合的に考えていくようにしなければなりません。

続きを読む≫ 2016/02/08 18:44:08 pages

保育士の就職を目指す時に、資格を取得していない人の場合は4年制大学や専門学校に通って、保育に関する基礎的な勉強をした後に関連の施設に就職する流れが基本です。座学で基本的な勉強をする事も大切ですが、実際に現場に実習に行く事で業務の流れが勉強できます。仕事で働いている人が転職を希望する場合は、仕事を行いながら通信過程の講座を受けて、資格の取得に向けて頑張る社員も多いです。
長期的に保育士として働く事を考える場合、通信の過程よりも大学や専門学校に行く事をお勧めします。大学などでしっかりと保育のマナーや基礎的な勉強を行って、十分に専門知識を習得する事で就職してからでもやりがいを持って働く事に繋がりやすいです。
保育園などの現場に就職する時は新人さんとして研修を受けますが、大学や専門学校などで開催する実習を在学中に受ける事をお勧めします。働いている保育士の仕事の様子を見学したり、自分で実際にこれまで勉強した事を生かして、実習の中で保育園児の世話をする事がいかに大変である事を知るきっかけになるからです。
実習の現場を通じて自分の将来像を描いて、様々な施設で学んだ事を大切にしながら卒業まで残り1年を切った時に資格を取得したり、自分にとって環境の良い求人を探します。

続きを読む≫ 2016/02/05 16:56:05 pages